うまさら日記 ヒトヒトヒトヒト

「インたま」も早いもので、次回は4回目。

つくり途中のツッカケで、

転びそうになりながら、

ドドッドドドと走ってきたような

「インたま」ですが、

ヒトヒトヒトヒト

たくさんのヒトのおかげで、

場ができてきた。

 

そして、ヒトがヒトをよんでくれて、

あたらしいヒトヒトと出会うことができている。

 

高性能の運動靴を手に入れてから走るんじゃなくていいんだ。

ツッカケバンザイ。

 

前回の「インたま」では、

枝豆入りのUpuma/ウプマをつくった。

スージというセモリナ粉をうっすら色づくまで炒って、

カリカリと油で炒めたチャナダル(豆)、ウラダル(豆)、

スパイスに水を加え沸騰させた汁に、

ダーッとスージを注ぎ、

ダマにならないようにかき混ぜる。

おから煮のような一品。

 

インドの友だちに教わったときは、

Avarekaluという豆の季節だったので、

それで作ったが、

今回はジャパン使用で枝豆。

こっちの方がおいしいかもな。

ウプマは、

南インドではおもに朝ごはんや軽食として食べる。

材料さえそろっていれば、

サササーと作れる一品なんだけど、

なんだか野暮ったい。

なんだろうな?

同じくセモリナ粉でつくる

クスクスのようなオシャレ感がでない。

精いっぱい背伸びした写真がこちら。

 

レモンのとなりがウプマ→ピクルス→トマトチャトニ→マサラヴァダ→参加者の方からいただいたすんごいおいしい春菊と玉ねぎで急遽パコラ→これもいただいたレタスでつくったサラダにスパイス塩。レタスがおいしすぎて、スパイスいらなかったかも。あとダルも作った。

 

1歳児にはウケた。

日本の1歳児がウプマをパクパク食べている。

時代はかわった。

使ったこともない

グローバリゼーションという単語が

アタマをよぎる。

天使が運んできてくれたテーブルと椅子。

 

4回目の「インたま」は

6月20日(水)10:00~13:00

サモサをつくりますよ。

あとは、サンバル(南インドの豆と野菜のカレー)

自家製サンバルパウダーでつくります。

そして、米と豆の発酵蒸しパン、イドリ。

しっかり膨らんでおくれよ。

スプラウトのサラダ

ショウガたっぷりのチャイとなります。

3,000円です。

 

イドリは、

米だし、発酵だし、

うまく日本の米でつくれたら、

いいと思うんだけど、

まだ成功していない。

なにせ日本の米はスティッキーだから、

おモチみたいになっちゃうんだよね。

フワッとしない。

 

スティッキーさをとるために、

水に何回もさらして、

干して、、、とか考えるんだけど、

その必要ある?

いま、インド米が日本でも手に入りやすくなったのに、

この努力はいるのか?と思いつつ、

実験はつづく。

クミンとコリアンダーミックスを作るために、すり鉢でゴリゴリする。子どもはこれが好き。私もこれを見るのが好き。

 

spice+arts(スパイスアーツ)

やましたのぶこ

うまさら日記 みなさんにお世話になってます。

先月の終わりに

国分寺の自宅で

「インたま(インドからただいまごはん)」vol.2と、

品川でひさしぶりのデリバーwsを開催しました。

「インたま」vol.2

 

品川ws

新しい出会いや、

ひさしぶりの再会があり、

その場に居あわせた人たち同士が

シュルル、シャルルと見えないひもで

タテ、ヨコ、ナナメに

むすばれていくこの感じ。

たまらん。

 

みんなで一緒につくって、

食べるスタイルのwsなので、

それぞれの人たちの

得意や、好きが少しだけ透けてみえてくる。

 

千切りやみじん切りが好きという人。

粉ものをこねたり、焼いたりするのが得意な人。

コマゴマと立ち回ってくれて、

コトがスムーズに進むようにサポートしてくれる人。

わたしの抜けにすばやく気づいてくれて、

的確な方向を示してくれる人。

そこにいるだけで場があたたまる人。

 

それぞれの得意や好きが

ゴチャゴチャとまざりあって、

ワークショップが進んでいく。

 

わたしはといえば、

料理は好きだけれども、器用さはなく、

インドの揚げパン、プーリーが

ぜんぜんふくらまんーーー!とか、

失敗もママあるけれど、

人まかせ、丸投げは大得意。

他力本願なワークショップとなっております。

 

日本で手に入るようになったココナッツ

 

インド料理のいいところは、

こうでなければならないというのが

あるようでないところ。

 

それぞれの家庭の、

食へのこだわりは強いけれど、

国がちがうかのように、

州ごとに言葉もカルチャーも違うし、

カースト、経済格差、

宗教ごとの食べれる食べれないがあるから

どの作り方が正しいという答えはない、、、ハズ。

 

自分がどういう人と出会ったか

どの人に料理を教わったかによって、

作り方や味覚の山頂がちがう。

 

だからこそ、

こうじゃなければならないというのは、

ないでしょう。

タブン。

 

ということは、

みんなそれぞれが、

わたしのインド料理だと言っていいんですよ。

オソラク。

南インドのココナッツ入りひよこ豆のカレー、ココナッツチャトニー、キャベツのポリヤル、ブラックソルト入りにんじんのサラダ

 

南インドのみそ汁的カレー、サンバル

 

さあ、つぎの「インたま」vol.3は、

5月28日月曜、10:00-13:00となります。

何をつくるかというと、

スージというセモリナ粉で作る、

南インドの特徴的な一品、ウプマ!

あとは、マサラヴァダもやろうかな。

あと、なんかのチャトニー。

トマトかな?ピーナッツかな?ナスもいいね。

 

カレーリーフはスクスク育っているし、

コリアンダーの芽もでてきた。

メイティの炒め物もやりたいので、

フェネグリークもまいとこう。

ギューギューのワークショップとなる前に、

どうぞお越しください。

お待ちしております。

 

大人たちよ、やっとるなー。あたたかい眼差し。

 

spice+arts(スパイスアーツ)

やましたのぶこ

 

うまさら日記 「インドからただいまごはん」はじまりはじまり

­  「インドからただいまごはん」がはじまった。

インドで見て、食べて、聞いて

つくったごはんのアレコレを

かついできたので、

このあたりで荷物を

少しずつおろしていこう。

けっこうおもいです。

 

はじめての国分寺の

自宅でのワークショップ。

ひとりでも来てくれたら、

やりますよと思っていたら、

参加してくださる方から

ぽつぽつと

連絡がはいった。

うれしい。

 

インド帰りの

何だかわからない人の家に

行くというめんどうを、

軽々と飛び越えてきてくれた

みなさんの勇気と

好奇心に感謝します。

 

おかげさまで、

はじめの一歩をつま先だちで

(イメージバレリーナ)

すすむことができました。

どうもありがとうございます!

これからも月イチでつづけていきます。

4月は25日。5月は28日。

日にちを決めたら、

あとは手足をモリモリ

アタマはボチボチうごかそう。

 

もうすこし、宣伝しよう。

どこかにフライヤーを置かせてもらおう。

なんなら撒いてこよう。

 

正直にいうと、

4年ぶりの自分主催のワークショップは、

アレっ?どうしたっ?てくらい、

舌もアタマもモタついた。

 

インドからの一時帰国で

日本に来るたびに

やらせてもらっていた

ワークショップは、

オーガナイズして下さる方々に

モタつきを

サポートしてもらっていたんだよな。

ありがたかったな。

 

こんなヨロモタの、

ワークショップでも、

終わったあとに

チラチラかすめるハンセイは

とりあえず、

アタマの戸棚の

いちばん奥に閉まって、

カタカタとなっても、

うっかり

あけないようにする。

 

直後のハンセイは、

あーすればよかったのに、

こーするんじゃなかったと、

深いドツボにハマって

出てこれなくなってしまうので、

やめとく。

 

1日か2日たって、

ゆっくりしたところで、

次はコウシヨウということを

少しずつひろって並べていく。

 

サンバル(豆と野菜のカレー)は、

下に豆がたまってしまうから、

ちゃんとかきまぜるのを

忘れないようにしようとか。

初歩です。

 

スパイスや料理への思いを語りすぎても

伝わりにくいよとか。

何歩ですか。

 

歩きながら、

少しずつここでの自分なりの

ワークショップの形を

つくっていけたらいいなと思う。

 

前にインドで参加した

ミックススパイス作りの

ワークショップは、

朝8時に集合して、

まずはみんなで朝ごはんを食べ、

それから、ゆっくり始めるという

スタイルだった。

 

インドの人たちは

自分にあったやり方を

つくっていくのがうまい。

 

 

「インドからただいまごはん」

2回目(4月25日水曜11:00-14:00)は、

プーリー(揚げチャパティ)と南インドスタイルのひよこ豆のカレー中心の

メニューとなります。

 

ヨロっとやっていますので、

ヨロっと来てくださる方、

お待ちしております。

 

spice+arts(スパイスアーツ)

やましたのぶこ

うまさら日記 もらいモノハウス

いまのイエに暮らしはじめるにあたって

イチから色々そろえなくてはいけなかったので、

ナキゴトや

あまえたコトを言っていたら、

どんどんモノがあつまってきた。

やさしいヒトたちに囲まれている。

 

モノの値段がどんどん上がる

インドからきたせいか、

日本の安さ競争が

4年前よりはげしいように感じる。

高いモノと安いモノとの差もすごい。

 

安いモノで揃えようと思えば、

生活のこまごまとしたものは、

すべて100円ですよという店で揃うし、

服だってなんだって、

新品でも安いところはいくらでもある。

 

そして、

その安いモノも、

インドクオリティと比べると、

機能面ではすばらしい。

 

でも、そのモノたちは、

うーん、うーん。

なんだろう、

このうーんにつづくことば。

ああああ、あいしづらい。

 

そのあいしづらさには、

どこかの誰かが

キューキューとしたおもいを抱えているような

気配がみえることも

ふくまれる。

 

もちろん、早急に必要なものは、

安いものも買った。

でも、なるべくねばりたい。

 

そうしたら、

ドンドンもらいモノが増えてきて、

もらいモノで

かなりイエらしくなってきた。

 

それらのモノを使うたびに

それらをくれたヒトたちに

おもいがいく。

 

モノを買うというコト

もらうというコト

あげるというコトを考えていたら、

友だちが、ムサビのすぐそばでやっている

ワールドおさがりセンター」の情報をおくってくれた。

歩いて20分くらいのところにある。

 

小さな一軒家の室内に、

誰でも自由におさがりを置くことができ、

誰でも自由に持ち帰ることができる。

たずねたときは、

ムサビの学生が引っ越すときにでたモノが多かった。

 

これ、いろんなコミュニティで、

いろんな人がやったらいいと思う。

 

わたしがやるなら、

誰がもっていたモノなのか

顔が見えるようにしたい。

 

そうすると、

使うたびにその人のコトが

チラッとかすめたりして、

かすめてるなんて相手は気づかなくても、

あなたの存在を感じているぜという、

空気がポコッと発生して、

そんなポコポコが充満したら、

ずいぶん温泉的な世界になるんじゃないかな。

 

それに、

誰がつかったものかわからないモノにまつわる

ムダな想像力の不気味さもなくなるしね。

 

ティーンの娘がほしがっていた

体重計があったので、

コレほしいなって

スタッフのお姉さんにいったら、

うしろから赤ちゃんをおんぶしたお母さんが、

「それわたしが置いたんです。」って声をかけてくれた。

 

去年来たときに、

画材や絵の具をもらって、

小学生のこどもが一年間たいそう楽しんだので、

お礼にもってきましたという。

 

そのやさしそうなお母さんのこと、

やっぱり体重計にのったときにチラつくなあ。

名前聞いとけばよかった。

 

他にも

干す用の網つきの大きなザルと、

学生さんが作ったであろう汁ものがモレル皿、

手づくりっぽい藍染のシャツ。

これも置いた人の顔が見えたら、

このモノたちとの関わりかたがちがうのにな。

 

あつくるしい。

顔が見えないラクさもわかるし、

そんな気分のときもある。

ただ、やっぱり顔が見えるほうに、

グイグイとひっぱられるこのあつくるしさ。

 

そして、スタッフのお姉さんに

wsのフライヤーを置かせてもらうというあつかましさ。

こんど行くときは、なんか置いてこよう。

私の小冊子とか、ではないモノ。

 

そんなあつくるしいわたしがやる、

3月26日のワークショップの詳細はこちら

ご興味のある、5000歩圏内の方はぜひ。

 

いずれwsでもやりたい、サモサ。

皮をおいしく作りたくて、

最近やたらと作っている。

このくらいの揚げ色が好き。

 

フィリングは何を入れてもいい。

あんこでも、チーズでも、何でも包んであげちゃう。

 

今日の中身は

茹でたじゃがいもに

塩と、

友だちがタネから育てた

ディルのようなナリーパクチーを刻んで、

オイル漬けにしておいたものを混ぜ込んだ。

ナリーパクチーのオイル漬け。空気が入らないように、たっぷりのオイルに浸す。

 

インド人に、笑われるくらいの地味フィリング。

 

なんかいめの

「インドからただいまごはん」wsでやるか、

わからないけれど、やりますよ。

 

spice+arts(スパイスアーツ)

やましたのぶこ

うまさら日記 ぷら男

あたらしく住みはじめた街は、

ふつうの日中に

この人何やっている人かな?という人が

わりとよく歩いている。

ぷらぷらっとした人がいる街。

そういう街は住みやすい。

 

もちろん、

きちんとしている人も

たくさんいますよ。

 

でも、

社会的素性が

見た目でわからない人が

ぽつぽつといる街は、

何となく、のびっとしてていい。

 

じぶんも家族も、

この先いったいどうなるんだろうと

思いながら過ごしていたバンコクで、

買った本がある。

 

西村佳哲著

自分をいかして生きる

(ちくま文庫)

 

わたしのそとがわは、

右へザザザ、左へザザザと、

ゆれうごいていたけれど、

わたしのなかみは、

この本からでてくることばのケムリに、

もくもくと燻されていた。

 

すこしずつ

日本に気持ちが傾いていて、

日本でどうしていこうかと

うっすらと

考え始めていたからかも

しれない。

 

わたしだからできる

仕事をしていきたい。

5年くらい先を思い描きながら、

少しずつ描き進めていきたいと

思いはじめていた。

 

みんなそれぞれのわたしがあるように、

わたしにもわたしのそれぞれがある。

 

わたしが出会えた人たちは、

わたしでなかったら

出会えなかった人たちかもしれない。

 

わたしが行けた場所は、

わたしでなかったら

行けなかった場所かもしれない。

 

わたしが食べたものは、

わたしでなかったら

食べなかったものかもしれない。

 

わたしが作るものは、

わたしでなかったら

作らないものかもしれない。

 

そんなわたしを

少しずつ掘りだして、

育てて

いいように使って、

いかしていこう。

そして、

それがしごとなんだよねと

いえたらいい。

そんな気持ちを

吹き込んでくれる本だった。

 

この街ですれちがう、

ぷらっとした人たちと

つながりができてきたら、

舞台裏を訪ねてみたい。

 

わたしが知らないはたらきかたや、

生き方をしている人たちの話って

聞きたくなるじゃないの。

 

そんなことを思いながら

作ってみたよ、

インド炊き込みごはん、ぷら男。

、、、プラオ。

色んなプラオがいる、、あるけれど、

今回は出始めのグリーンピースを味わいたくて、

グリーンピースとタマネギのみのプラオ。

色づけもしなかった。

 

「ぷら男」

【材料】

できれば長い米 1カップ

バター(オリーブオイルでもいい) 大さじ2

シナモン5センチ

クミン 小さじ1

ブラックペパー 8粒

タマネギスライス中1/2個

むきグリーンピース1カップ

水2カップ

塩 小さじ1/2〜お好み

 

【つくりかた】

①米を30分くらい水に浸しておく。フタつき鍋でバターを温め、スパイス3種を炒める。

②タマネギがうすい茶色になるまで炒め、グリーンピース、水を切った米を加える。

③水と塩を入れ、混ぜて強火。沸騰したらフタをして弱火で炊いていく。10分くらいしたら炊きあがると思う。

④フォークでサクッと混ぜあわせたらできあがり。

 

 

あれ?ジャパンの豆ごはん的ルックス。

シナモンだよ。昆布じゃないよ。

今回、新潟産のインディカ米を試しに使ってみた。

バスマティライス(粒が長い、香り高い)より、

ソナマスリ(粒が短い、香り少ない)に近い。

日本育ちらしく、お米の水分量が多いので、

水の量に注意。

 

日本で売っている野菜が総じてあまくて、

インド出もどりとしては、ちょっととまどう。

こんなにあまかったかなあ?

 

タマネギもじゃがいももあまいので、

インド寄りにしたいときは、

調節するようにしている。

あわせるスパイスも

スパイス量も変わってくる。

応用編がはじまる。

 

spice+arts(スパイスアーツ)

やましたのぶこ