うまさら日記 ヒトヒトヒトヒト

「インたま」も早いもので、次回は4回目。

つくり途中のツッカケで、

転びそうになりながら、

ドドッドドドと走ってきたような

「インたま」ですが、

ヒトヒトヒトヒト

たくさんのヒトのおかげで、

場ができてきた。

 

そして、ヒトがヒトをよんでくれて、

あたらしいヒトヒトと出会うことができている。

 

高性能の運動靴を手に入れてから走るんじゃなくていいんだ。

ツッカケバンザイ。

 

前回の「インたま」では、

枝豆入りのUpuma/ウプマをつくった。

スージというセモリナ粉をうっすら色づくまで炒って、

カリカリと油で炒めたチャナダル(豆)、ウラダル(豆)、

スパイスに水を加え沸騰させた汁に、

ダーッとスージを注ぎ、

ダマにならないようにかき混ぜる。

おから煮のような一品。

 

インドの友だちに教わったときは、

Avarekaluという豆の季節だったので、

それで作ったが、

今回はジャパン使用で枝豆。

こっちの方がおいしいかもな。

ウプマは、

南インドではおもに朝ごはんや軽食として食べる。

材料さえそろっていれば、

サササーと作れる一品なんだけど、

なんだか野暮ったい。

なんだろうな?

同じくセモリナ粉でつくる

クスクスのようなオシャレ感がでない。

精いっぱい背伸びした写真がこちら。

 

レモンのとなりがウプマ→ピクルス→トマトチャトニ→マサラヴァダ→参加者の方からいただいたすんごいおいしい春菊と玉ねぎで急遽パコラ→これもいただいたレタスでつくったサラダにスパイス塩。レタスがおいしすぎて、スパイスいらなかったかも。あとダルも作った。

 

1歳児にはウケた。

日本の1歳児がウプマをパクパク食べている。

時代はかわった。

使ったこともない

グローバリゼーションという単語が

アタマをよぎる。

天使が運んできてくれたテーブルと椅子。

 

4回目の「インたま」は

6月20日(水)10:00~13:00

サモサをつくりますよ。

あとは、サンバル(南インドの豆と野菜のカレー)

自家製サンバルパウダーでつくります。

そして、米と豆の発酵蒸しパン、イドリ。

しっかり膨らんでおくれよ。

スプラウトのサラダ

ショウガたっぷりのチャイとなります。

3,000円です。

 

イドリは、

米だし、発酵だし、

うまく日本の米でつくれたら、

いいと思うんだけど、

まだ成功していない。

なにせ日本の米はスティッキーだから、

おモチみたいになっちゃうんだよね。

フワッとしない。

 

スティッキーさをとるために、

水に何回もさらして、

干して、、、とか考えるんだけど、

その必要ある?

いま、インド米が日本でも手に入りやすくなったのに、

この努力はいるのか?と思いつつ、

実験はつづく。

クミンとコリアンダーミックスを作るために、すり鉢でゴリゴリする。子どもはこれが好き。私もこれを見るのが好き。

 

spice+arts(スパイスアーツ)

やましたのぶこ